Menu

多くの仕事をこなす看護師

看護師は、医師が患者に対して診療を行う際にサポートをしたり、ケガや病気の患者に対するケアに当たるのが主な仕事となっています。
具体的には、注射や点滴などの治療のサポート、体温や血圧などの測定、食事やベットメーキングなどの患者の身の回りの世話を行っています。
他にも仕事をが終わる頃には担当している患者の記録をつけておくなど、看護師には多くの仕事が求められています。

また規模の大きい病院では、手術の際のサポートに特化している看護師もいます。
手術が行われる場合には、手術室にて手術の準備をしたり、手術中には執刀する医師に器具を手渡しするなどの業務を行います。

近年は、医療の専門性が進んでいる背景もあり、看護師にも専門性の高い知識や技術が求められてきています。
医師だけでなく栄養士や薬剤師なども加わってチームとして治療を行う傾向も増えてきています。
その中でも看護師は、患者に一番近いところにいる医療従事者として位置づけられており、重要な役割を担っています。

看護師には、外来看護師や病棟看護師などいくつかの種類に分かれており、それぞれで仕事の内容は異なっています。
例えば外来看護師は、医師が診察する際の介助が仕事の中心となっています。
診察しやすいよう服を脱がしたり、ケガをしている患者に包帯を巻いたりするなどの業務を行います。
一方、病棟看護師は入院している患者のサポートが主な仕事です。
点滴や注射などの医療処置や患者の身体を拭いたりするなど様々な身の回りの世話を行います。